湘南の風に吹かれてポケモンと勝ち点、両方ゲットだぜ!

 さてさて3ヶ月ぶりのブログ更新となりました。いろいろと疲れる試合が続くと、なかなかブログ更新する気にもなりませんね、、、。そんなこんなで今さらながら8月に行われた【2016年J1・2nd第10節】湘南ベルマーレ vs ガンバ大阪の模様をお届けします。

Shonan BMW スタジアム平塚

 湘南ベルマーレのホームスタジアムであるShonan BMW スタジアム平塚の最寄り駅はJR東海道線の平塚駅。東京方面から向かう場合は、湘南新宿ラインとか上野東京ラインの小田原行き、熱海行きに乗ることになります。横浜よりも更に40分ほど西に進んだ先ですね。

 平塚駅に着いたら北口に出て、バスロータリーを左手から回り込んで4番乗り場へ。4番乗り場から出ている平67系統以外のバスで、スタジアム最寄りの総合公園バス停で下車。バスの本数としては4番乗り場からのが多いと思うのですが、不安な方はロータリー中央の11番乗り場から出てる直行バスを選びましょう^^;

 4番乗り場から出る路線バスに乗ると、駅からほぼ真北に向かって進むことになります。で、このルート。50mおきぐらいにポケモンGoのポケストップが設置されてます。道路が若干混雑することもあってノロノロ運転になるかと思いますが、ポケモントレーナーにとってはむしろ好都合(笑) 歩行距離を稼ぎつつ、しっかりとポケストップでアイテムをゲットしましょう。

 総合公園のバス停で降りると、すぐに平塚市総合公園の入口が見えてきます。スタジアムはこの公園内にありますので、他のサポーターとともにズンズン進んでいきましょう。公園内にもポケストップが多数。いやー、ここまでポケモントレーナーにとって好都合なスタジアムは他にないと思います。

 それはさておき(?) 屋台が見えてきたら、スタジアムはもうすぐ目の前。ここのスタジアムグルメは、種類が豊富すぎて目移りするレベル。再入場も出来るので、一度ゲートをくぐり、席に荷物を置いて身軽になってからスタグル巡りをするのも手です。

 屋台の周囲には、四字熟語とともにベルマーレの選手を紹介する「のぼり」が。

 なんかどっかで聞いたことあるようなフレーズですが、「湘南」のワードをガンガン使っていく攻めの姿勢は嫌いじゃないです^^;

 スタジアムへの最短ルートを少し離れると、こんな感じの親水エリアも。この日はあいにくの天気だったのですが、好天ならば水辺でのんびりスタグルを楽しむのも良さそう。

 湘南の名物といえば、地元湘南(っていうか厚木?)の地ビールであるサンクトガーレン。ビターで苦めの味から、フルーツビールまで揃ってるので、好みとかその日の気分で選べるのも良いですね。気温が高かったら全制覇したかった!

 さてさて、席に戻って試合の準備。アウェイ自由席から見たメインスタンドはこんな感じ。なんとなく雰囲気が万博っぽいですね。

 同じくアウェイ自由席から、バックスタンド側を見たところ。客席がスカスカなのは、天気が悪くてみんな雨宿りしてたせいです^^;

 まだまだ時間があったので、自由席の真裏にあった再入場ゲートから表に。ってこんなところにガンバボーイ!!すごい!!

 メインスタンド正面はこんな感じになってるのですね。結構年季の入ったスタジアムですが、近未来感のあるデザイン。

 アウェイ自由席に戻っていよいよ試合開始、、、お構いなしにがっつり降る雨。それでもみんなレインコート着て、半分びしょ濡れになりながらも応援し続けます。大旗が振られるたびに、そこから水しぶきが飛んでくるのはご愛敬^^;

 パラパラと雨が降り続くよりは、本降りに近いぐらいの量で降ってくれた方が、開き直って応援に集中できますよね^^; 途中からヤケクソになりながら必死に応援してました。濡れた格好で帰りの交通機関どうしようとか、試合中に考えたって仕方無い!!

 ハーフタイムにスタジアムを一周する、っていうか台車で運ばれるZAQのキャラクター「ざっくぅ」。

 この日は18時半キックオフ。真っ暗な中でライトアップされるピッチ、そこで躍動する選手たち。雨粒で反射して照らし出されるスタジアム。雨の試合観戦はなかなかしんどいですが、そこに広がる景色は幻想的で惹かれるものがあります。

Amazon.co.jp: サンクトガーレン 金賞地ビール 4種8本 飲み比べセット: Amazon.co.jpホーム
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、サンクトガーレン 金賞地ビール 4種8本 飲み比べセットを Amazon.co.jpホームストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

 残念ながら湘南ベルマーレは降格となって、2017年シーズンはJ2で戦うことになります。それでもスタジアムの雰囲気の良さを失わないまま、J2から再度J1の舞台へと戻って欲しいものです。

この記事へのコメント

タイトルとURLをコピーしました