ガンバサポーター関東の聖地は代々木にあり

 ゆるサッカーブログ『Awaywind』は大半が関東での試合観戦。なかなか遠征できないため、関東以外のゲームではスカパー!のJリーグ中継に頼ることがほとんどとなります。しかし、当日に用事があって試合開始時間に家まで帰り着くことができない、なんてことも。

 そんなとき、頼りにしてるのが英国風パブの『HUB』。店内にテレビモニターがたくさんあって、サッカーや野球など各種イベントなどを見ながらお酒が飲めるスポーツバーです。

HUBではスポーツ中継を見ながらお酒が飲める

 店内モニターでの放映スケジュールなどはHUB公式サイトEVENTでチェックできます。大きなイベント時をのぞくとお店ごとに放送してくれるイベントは異なっていて、横浜鶴屋町店は横浜Fマリノス、川崎店は川崎フロンターレ、吉祥寺店&八王子店はFC東京といったように、大半は地元クラブの試合をお店で流す感じ。

 しかし、なぜか代々木西口店はガンバ大阪を贔屓にしていて、ガンバ戦があるときは中継をリアルタイムで流してくれています。これがホントありがたい。同じくHUBの梅田茶屋町店でもガンバ戦を流してくれているようですが、大阪・梅田まで遠征する用事があれば、そのまま万博まで行って試合を見るわけで^^; 遠征できないときにこそ試合を流してくれるお店が大事。

ガンバ戦を流してくれるHUB代々木西口店

 そんなわけで、5月6日(火祝)は国立競技場で16時キックオフの甲府vs浦和を見たあとに、歩いて代々木まで移動。そして19時キックオフのガンバ戦をHUB代々木西口店で見るというダブルヘッダーを敢行しました。素晴らしきサッカー漬けの1日。

 代々木西口店という名前通り、JR山手線、総武線の代々木駅が最寄り駅。都営大江戸線からだと少し距離がありますが、JRの出口からだと横断歩道を渡ってすぐといった感じ。お店の入り口が少し分かりにくいのですが、お店の前に中継しているイベント名なども出てますので、これも参考にしながら探してみてください。

 というわけで、まずはコロナビールカリカリパスタから。飲み物も食べ物もカウンターで事前精算するスタイルで、時間のかかる料理をオーダーした場合には、後から店員さんがテーブルまで持ってきてくれます。カリカリパスタはレジ横にて常備されてるので、最初の1品としてちょうどいい感じ。モニター見ながら片手でポリポリ食べられますしね。

 そしてチキン&チップスを追加投入(酔ってブレてる、、、)。同じように国立競技場から流れてきた浦和レッズのユニフォームを着たサポーターも店内にいましたが、ガンバの試合を見てどう思ったろうか^^;

 ちなみに代々木西口店でガンバの中継がある場合、店内には複数のガンバサポーターが必ずおります。もちろん?ユニフォームもしっかり着用。万博まで行けない関東のサポーターが必死にモニターに食らいついて応援する姿は、試合のサテライト会場のようでとても楽しい空間です。

 この日の試合は、ガンバ大阪 3-0 徳島ヴォルティスという結果。宇佐美貴史が復帰してようやくフル出場。そしてなにより久しぶりのガンバ勝利。そりゃ、画面越しでも写メりたくなる気分にもなります。大きな歓声のあと、みんなホッとしながら残りのお酒を飲み干し、そして笑顔で帰っていく様はとても印象的。こういう雰囲気を毎回味わいたいですね。

スポンサーリンク
AD